April 9, 2018

March 30, 2018

March 28, 2018

March 27, 2018

March 25, 2018

March 19, 2018

March 16, 2018

March 16, 2018

March 12, 2018

March 11, 2018

Please reload

最新記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

特集記事

せいにする

February 5, 2018

 

こんばんは、今日は節分の次の次の日です

 

バンドの解散、脱退多いですね

誰もが口を揃えて言うくらいに

近頃は特にピークがきてるような気がします

 

身近なバンドも仲良しなバンドも憧れてたバンドも

あっちと思えばこっちも

ドミノみたく崩れていっているような印象です

 

水上カルビも

高校時代からやっているというのもありますが

かなり脱退の多いバンドでした

 

ボーカルは1回

ドラマーは2桁いっています

 

サッカーチーム2つ作って試合できるくらいには

いってるという噂まであります

 

公にはどうなっているのか分かりませんが

今までの脱退に関しては

俺は俺のせいだったと思っています

 

それは仲が悪かったとか単純な話でなく

考え方の違いというもっと深い部分にあったものです

 

そういう過去を経て、至った考えは

バンドにとっては大切なことは

自分のせいにすることなのかなと思っています

 

高校時代の世界史の先生がよく言っていた

自分にベクトルを向けなさいという言葉

 

当時はテストの点数があがらないのも

授業がつまらないのもお前のせいだ!くらいに思って

なんとも思っていませんでしたが

最近、その言葉が強く思い起こされます

 

世界史が苦手だったのは

結局は予習、復習をろくにしなかった自分のせいだったなと

 

人のせいにするのはとても楽で

とても簡単な言い訳だなと

 

それはバンドにおいても全く同じ事で

 

ボーカルが歌が下手だからライブが良くならないんだ!とか

ドラムがもっとイケメンだったらバズってるのに!とか

今日のライブは完全にあいつが,,,とか

正直、毎度のように耳にします

 

でも絶対にそうじゃないんです

何よりも良くないのは誰かのせいにしてる自分なんです

 

たとえば歌が下手だと思うなら

それにどうやって魅力を持たせられるか

下手だってかっこいい人は数多といるわけだから

それはそこを見いだせない自分のせいなんです

 

 

仮にみんながそういう考えを少しでも持っていたら

必要のない軋轢は生まれないし

より良い方向に進めるような気がしています

 

いままでの自分のバンドを思い返すと

いつも俺は人のせいにしたなと思います

 

もっと自分に目を向けていたら

もっと良い方向に進んでいたはずと思います

 

 

最近、バンドの解散や脱退のコメントみたいなのを見ると

その度にとてもがっかりします

 

もちろんいろんな事情はあるのだろうけど

感情的な部分を外に出していたり、

そういうのがかっこいいと思っているのか分からないけど

そういう場でやるような人が魅了的とは思えません

 

メンバー1人も大事にできないような人が

良い歌を歌えるんですかね

 

良い歌の定義が何かっていうのもありますが

俺はそういう人が何言っていても何とも思わないです

 

 

もちろん俺と同じ考え方はしなくていいです

 

でも少しで良いから自分のせいにしてみることも

大切なのかなと思います

 

 

まじめか

 

 

 

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

ソーシャルメディア

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

タグから検索
Please reload

アーカイブ
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

©︎ 2017 水上カルビ All Right Reserved.